Central Park ニューヨーク・カサス Office

ニューヨークでアパートを購入

短いチェックリスト

物件購入の前に必要なチェックリスト

1 //なぜ購入するのか?

ニューヨークで不動産を購入するにはさまざまな理由があります。ここで生活される場合、またはご自身とご家族のための家を探されている方もいるでしょう。または、家族の誰かが家を購入するのを支援される方もいるでしょうし、投資目的のためである場合もあります。これらのケースの全てにおいて、私たちはお客様の購入のお手伝いをいたします。こちらに考慮いただくべき内容をご説明いたします。こちらのニューヨークでアパートを購入する10の理由 をご覧ください。

2 //現金購入か、ローンが必要か?

現金購入はすべて、売り手との交渉に有利となります。しかし、融資の利用では、税制上の優遇措置があり、資格のある外国人買い手は購入価格の最大60%(建物によって異なる)の融資を得ることができます。 典型的なローン条件は次のとおりです。

  • 銀行に対して$100,000の保証金。
  • 50%の前払い(またはそれ以上)。
  • $100,000の保証金に加え、12ヶ月分の準備金(住宅ローンの支払い、メンテナンス、税金)。
  • 5〜30年固定または変動金利住宅ローン。

コープと一部のコンドミニアムは、事前に承認された貸し手のリストを保有しています。これは、ローン滞納の場合に、コープに個人所有のシェアを引き渡す契約を締結した金融機関のリストです。また、当社では、外国の買い手のニーズに合ったいくつかの住宅ローンブローカーとの強力な関係性もあります。融資に関するその他のご質問は、お問い合わせ フォームからご連絡ください。

3 //必要な書類の準備は万全ですか?

コンドミニアムを購入する際に本当に必要なのは、お金だけです。しかし、コープは異なります。コープの理事会は、承認のために以下の文書を要求してきます。ブローカーは、住宅検索に先立ってこの書類の回収をお手伝し、理想的なアパートにたどり着くまでの時間を節約いたします。

  • 雇用主からの役職、給与、雇用期間を記載した手紙
  • 最新の給与明細書 2か月分
  • 過去2年間の税務申告
  • 過去2ヶ月間の銀行明細書
  • アパートに住む他の家族の名前、職業、年齢。
  • ペットの体重、年齢、写真。
  • 個人の推薦状 2通
  • ビジネス推薦状 2通
  • 不動産、証券などの他の資産の証明書
  • 写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポートなど)

4 //購入費用はいくら?

いいニュースとして、家の購入時にかかるブローカーの手数料は無料です。 これ真実です。確かにブローカーには手数料を支払う必要はありません。つまり、ニューヨークでアパートや家を購入するのに役立つサービスは完全に無料です! お気に入りの不動産を特定したら、購入費用は以下のようになります。

売り手の費用:

  • ブローカーの手数料
  • 州財産移転税(0.4%)
  • マンション税(100万ドルを超える不動産の1%)
  • 都市物件移転税(50万ドルまでの1%、それ以上は1.425%)

買い手の費用;

  • 鑑定評価料
  • タイトル検索と保険料
  • 抵当貸付の開始手数料およびポイント(1%-4%)
  • 住宅ローン記録税(1.75%〜2.175%)
  • 買い手の弁護士

5 // 物件を見付ける方法は?

インターネット上でいろいろ検索し、アイデアを得るために異なるサイトで販売されている物件を検索することができます。しかし、ご自身でこれを実施される場合、お気に入りの場所を見つけるためのプロセスは非常に煩雑で時間がかかることに注意してください。これは、ニューヨークの大部分の不動産が、ニューヨークの不動産会社である REBNY のメンバーのブローカーによって販売されているためです。私たちのようなお客様の味方は、潜在的なすべての買い手に物件を販売するだけでなく、資格のある買い手に対しすべての必要な書類を準備いたします。このような動きの激しい市場では、迅速かつ簡潔な行動、契約のルールを知ることが不可欠です。

6 //購入手続きの完了にかかる期間は?

物件を見つけるには、特定の希望と移転希望日に応じて、数週間から数年もかかることもあります。 新しい家が見つかったら即行動です。他の人にお客様が見つけられた新しい家や投資を横取りされないように、書類やお金を確認してください。その後、コンドミニアムまたは コープ理事会により承認が行われます。承認された場合は、入金を要求され、ユニットが空いている場合は、すぐに入居いただくことができます。プロセス全体には、通常、少なくとも1月、より時間がかかることもあります。

7 //コープとコンドミニアムの違いは何ですか?

コンドミニアム(Condo)では、所有者が、個々のアパートを所有しています。また、買い手は、外壁、屋根、プールやその他のレクリエーションエリアなどの共通要素で共有持分を所有しています。共同住宅プロジェクト(コープ)では、所有者が建物を所有し、管理して協調的に株式を保有します。 コープは、通常非常に保守的な企業であるため、購入者の収入源は米国から、資産は米国内(少なくとも資産の大部分)からである必要があります。企業が何らかの理由で所有者を訴えなければならない場合、訴訟で成功するのは非常に難しいでしょう。 したがって、外国人買い手は、コンドー(コンドミニアム)、コンドープ(コンドーのルール付きのコープ)、およびタウンハウスを購入することに制限されています。 しかし、コープを購入するよりもコンドミニアム、コンドープ、タウンハウスを購入の場合、買い手はより多くの権利が得られます。

8 //どこで購入しますか?

これは重要な質問です。 既にニューヨークに行ったことがあり、お気に入りの場所がある場合でも、実際に住まれると現実は非常に異なる場合もあります。他にも多くの要素があります。お仕事や大学はどこですか? お子様は学校へ通われるでしょうか? どのくらいの大きさのアパートをお探しですか?どのような地域がお望みですか?もちろん、予算も重要な要素です。私たちはお客様のご希望をお聞きし、優先されたい要素をお探しするお手伝いをいたします。

9 //購入を選択した場合、典型的な毎月のコストは何ですか?

コンドミニアムの場合、一般的な料金は一般的に1平方フィート当たり0.70ドルから1.25ドルです。この費用には、共用部分の暖房、電気および清掃、水道、基本的なケーブル、セキュリティ、建物の保険および建物の施設の運営(フィットネスセンター、コンシェルジュ、ラウンジ、プール、遊び場など)が含まれます。一般的な料金の上に、評価価値(市政府から財産に対する価値)の約0.1%である財産税の支払いが必要となります。

コープでは、共通の費用と税金(所有者が別途支払うことはない)、建物の住宅ローン利息(ある場合)を含む維持費が請求されます。会社は建物に対し(屋根の修理またはその他の理由で)未払いの抵当権を保有しており、その利益はコープの株主に引き継がれます。したがって、コンドミニアムは法律で負債を抱えることができないため、コープの維持費は(維持費に含まれる税金を調整しても)高くなることがよくあります。

10 //次のステップは?

これらの基準に基づき、ニューヨーク市の不動産業界における買い手の要素をご理解いただけたかと思います。お問い合わせフォーム からお気軽にお問い合わせいただければ、ご質問に回答させていただきますこちらの ニューヨークで見つけられるアパートの種類 をご覧ください。

ニューヨークでマンションを購入する理由 トップ10.