Central Park ニューヨーク・カサス Office

コープ(CO-OP)とは?

//コープ(CO-OP)とは?

この質問は多くのお客様にいただきます。コープは、株主および取締役会のいる生活協同組合、一つの会社です。 実際にはアパートを購入するのではなく、生活協同組合の株式を購入することになります。コープはマンションよりも安価となる傾向があります。なぜならa)ニューヨークのほとんどのビルはコープであり、b)コープは誰がそれらを購入できるか、そしてその使用方法に関して多くの規則があることが多々あります。 コープアパートを検討している海外の買い手は、以下の要素を考慮いただく必要があります。

//税金

ほとんどの生活協同組合は、企業の所有権を許可していませんので、会社の名前で購入することはできません。その結果、所有者は、アパートが将来的に売却された場合の高いキャピタルゲイン税(30%)および、死亡した場合の不動産税(46%)の両方にさらされています。当社でLLCの設立をお客様にアドバイスさせていただいており、本来生活協同組合が圏外であるというのは、これらの理由によります。

//又貸し

生活協同組合には、又貸しに関する厳格なルールがあります。5年のうちの2年まで許可する物件もあるのに対し、全くそれを許可していない物件もあります。また、テナントは、取締役会で承認される必要があります。アパートは、個人名で登録されますので、適切な賠償責任保険への加入を確認する必要があります。

//融資

生活協同組合には、資金調達に関する厳格なルールがあります。購入価格の75%まで許可する物件がある一方、全くそれを許可してない物件もあります。海外の買い手にとっては、どちらにしろ60%以上の資金を得る可能性は低いということにご注意ください。

//コープの賛否両論

生活協同組合の購入に関する上記の議論に基づくと、生活協同組合は唯一、アメリカの税金を支払っている人が郊外の家として使用する場合にのみ適切と言えます。

投資不動産 >> 不可

郊外の家 >> 可能

主要な家 >>