Central Park ニューヨーク・カサス Office

ニューヨークでアパートを購入する理由トップ10

Amo Nueva York.

1 //ニューヨークが大好き。

何百万人もの人にとって、ニューヨークには説明がつかない魅力があります。 夢が生まれるコンクリートジャングル、毎年250.000以上の人がここに移住して、アメリカンドリームに向かって歩み始めるために、レストランや店で働きはじめます。だからこそ、人々はニューヨークが大好きです。ここでは何でも可能、というわけではないですが、彼らは何でもできると信じているからです。

2 //統計

マンハッタンだけでも170万人近くの人が住んでいます。島の大きさはわずか23平方マイルです。ニューヨーク市について特に重要なのは、これらの人々の大部分が、若年層のプロとして純資産価値が高く、平均収入が10万ドルを上回っているということです。高価に思えるかもしれませんが、アパートに平均3,500ドルを支払うのがかなり平均的です。 市には、ほぼすべての業界における高い潜在能力と才能を持つ人が集まっています。

3 //文化

ニューヨークはおそらく、世界で最も多様な人口を抱える都市と自称するでしょう。世界各地の人々がここに住んでおり、多様な活動やレストランに反映されたユニークな文化的多様性がもたらされてます。ニューヨークに住む間、永久に毎回違うレストランで食事をすることができるほどです!ブロードウェイとリンカーンセンター では一流のショー、コンサート、バレエ、オペラを年間を通して見られます。

Amo Nueva York.

4 //観光

ニューヨーク市は2012年に5200万人の訪問者(2011年より2.1パーセント増加)の記録を歓迎し、引き続きアメリカでにおける主な観光地となっています。このリストの約20%は国際的な都市でした。 ホテルの占有率は90%近くに達しています。 観光の総額は700億ドルです。

5 //ビジネス

観光はNYCで5番目に大きい産業で、トップ5には、法務サービス、金融サービス、メディア、広告、ファッションなどがあります。注目すべきは、ブルームバーグ市長の努力により、ニューヨーク市は米国で最も急速に成長しているテク産業を誇るようになったことです。ウォールストリートが博物館に変わった後でも、オンライン取引ではニューヨークはトップ100社の大部分を抱えています。

6 //ファッション

ニューヨークのファッション業界は、市の労働人口の5.7%を占め、173000人がファッション業界で働いています。ニューヨーク市で行われるショールームにおける75の以上の主要なファッショントレードショーには、毎年数十万人ファッションに関する訪問者が訪れます。ファッション工科大学やパーソンズ・ニュー・スクルー・オブ・デザインをを例とした全国でも有数のファッション学校がここにあります。

7 //教育

ニューヨーク地域に百校以上の大学を抱え、ビッグアップルは、百万人以上の学生の家でもあります。コロンビア (第116及びブロードウェイ、アッパーウェストサイド)、ニューヨーク大学 (ワシントンスクエア、グリニッジ・ビレッジ)などのように、有名大学の中には、マンハッタンのど真ん中に位置しているものもあります。しかし、ニュー・スクールコーネルのように、その他の質の高い多くの公共および民間機関も多くあります。

Clima Nueva York

8 //天気

ニューヨーク市は、天気のいい日が多い場所です。セントラルパークでは太陽が照る日が年間234日ありその半数が晴天です。四季もあり、ホワイトクリスマスを楽しむこともでき、わずか車で5時間離れるとスキーも可能です。夏は高温多湿なので、多く住人は数時間離れたハンプトンビーチでの休暇に出かけます。5月から6月、9月から 10月の春とインドの夏が、最も楽しい時です。

9 //投資収益率

アパート所有による収入には2種類あります。一つは、アパートを貸し出すことで収入を得ることができます。典型的な純利益収入(一般的な料金と税金を差し引いたもの)は、投資額1,000ドルあたり2.50〜3.00ドル、つまり、3.0%〜3.6%の純利益収入を生み出します。また、資産の上昇も見込めます。ダグラス・エリマンの調査によると、過去10年間で2.5%の年次評価がありました(これには2008-2009年の金融危機が含まれます)。

Douglas Elliman

出典:エリマンレポート より詳細な投資分析については、お問い合わせください。

10 //モスクワよりも安い

ニューヨークは高価に思われるかもしれませんが、世界一高価な都市ではありません。 実際には、東京(第8位)、パリ(第4位)、モナコ(第1位)といった大都市の後、不動産に関しては世界で第9位にランクされています。

ここまで聞いて、ここに住みたくない人はいるでしょうか?

ニューヨークでマンションを買うために必要なことについて